2016年8月6日土曜日

「女子と渋谷の写真展。」





「女子と渋谷の写真展。」from シブカル祭。
8. 3(wed)~8. 7(sun) @PARCO GALLERY X (PART1・B1F) 
入場:無料

過去「シブカル祭。」に参加してくれた女子写真家5人が、
「渋谷」をテーマに写真作品を撮り下ろし。
それぞれの目に映る「渋谷」の表現をお楽しみください。
†††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††


写真家の須藤絢乃さんとコラボレーションした作品が、渋谷パルコにて開催中の「女子と渋谷の写真展。」に展示されています。

今回、私は被写体として、また、「渋谷」にまつわるテキストを書かせていただきました。
会場では、そのテキストが絢乃さんの手書きによって壁に記されています。

ここ数ヶ月、「90年代の渋谷」についてあれこれ考える機会があって、そんなときに、絢乃さんから今回の(渋谷をテーマにした)作品づくりのお誘いを頂き、不思議なタイミングだなと思いました。

渋谷を象徴するパルコの節目となる、この機会の展示に携われたことを、とても嬉しく思います。

私と絢乃さんの感性を交差させた今回の作品を、ぜひたくさんの人に観ていただきたいです。

8月6日(土)夜8時からは、会場のギャラリーでミニライブもやらせていただきます。
入場無料ですので、ぜひお気軽にお立寄りください。

http://ayanosudo.tumblr.com


†††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††

私にとって渋谷が、公園通りが、特別な場所である理由。
それは、思春期に「渋谷系」と呼ばれる音楽の洗礼を受けてしまったからだと思う。

小学5年生のときに、塾の先生が貸してくれたフリッパーズ・ギター。
トラットリアというレーベル。
大袈裟ではなく、そこからすべてが始まって、そして今に繋がっている。

私には想像することしかできない、80年代後半~90年代前半の渋谷の空気。
CSVがあって、HUNTERがあって、HMVではインディーズ・ミュージックがたくさん売れていて。
パルコのセールは、岡崎京子の漫画に出てくるような、おしゃれにうるさい女の子たちで賑わっている。
そこに自分も居てみたかった。(生まれてくる時代を間違えたと、本気で思ってる。)

鹿児島の田舎で過ごしていた10代の頃の私は、いつもそんなことを考えていた。

でも、大人になるにつれ、それがだんだんと恥ずかしくなり、「渋谷系」と呼ばれる音楽や、それにまつわるカルチャーから遠ざかるようになっていった。

その理由はいくつかあった。
海外の新しいインディ・バンドなどをリアルタイムで聴くようになると、
「昔の」「日本の」音楽を聴くことはクールじゃない、と思ったり、「渋谷系」というカルチャーに心酔している人たちを客観的に見て、共感できる雰囲気じゃないなと感じたからだと思う。

でも、いちばんの大きな理由が別にある。
それは、「渋谷系」の中心人物であった人たちは、それにまつわる物事を
あまり好意的に捉えていないのではないかと感じていたから。

そんな状況で「渋谷系」を大事に愛でているのは、なんだか、
教祖が去ってしまった宗教でいつまでも過去の古い教えにすがっているような感じがして、そこに属しているのはかっこ悪いし、悔しいなと思っていた。
それだったら私は、そこからとっとと抜け出して、もっとかっこいい音楽を知ったり、自分で作ったりしよう。そう強く思っていたのだった。昨年の、ある時点までは。

昨年のある日、その中心人物の一人である小山田圭吾さんとの会話の中で私は、
彼が「渋谷系」というものを否定していたわけではなく、ただ、それ取り巻く誤った解釈や、偏った好奇心を向けられることを拒んでいただけであったということを知った。むしろ彼は、私がフリッパーズや渋谷系について話すことを喜んでくれたし、私が知らなかった当時の色々な出来事を教えてくれたのだった。

意外な、そして喜ばしい事実がわかったことで私は、自分に影響を与えた「渋谷系」というものを、
また素直に受け入れられるようになった。
いい大人になった今でもその呪縛から結局解放されていないのは、それだけ自分の血肉骨となってしまっているのだと、抗えないものなのだとわかってきたというのもある。
とはいえ、盲目的で無闇な賞賛は向けたりしないし、若い自分たちの方が、それ以上にかっこいいものを作りたい、作るべきだとも思っている。

そういえば、タイムリーなエピソードを聞いた。
小山田さんが先日、フジロックのために来日したBECKと食事をして、 
渋谷の街が見渡せるそのレストランの屋上で、一緒にのんびり話していたときのこと。
BECKが、「あ、パルコが見える」と言った。
(彼は、90年代に来日した際、パルコの看板のロゴを気に入り、自身のアルバム『MUTATIONS』のジャケットで、
同じフォントを使用している。そし て、来日する度に渋谷のホテルに泊まっていたのもあり、地図がなくても自由に歩き回れるくらい、渋谷を知り尽くしている。)
小山田さんが、「渋谷のパルコ、もうすぐ閉まっちゃうんだよ」と言うと、BECKはとても驚いて、「90年代とはずいぶん変わっちゃったよね。あのときの渋谷は本当にクレイジーで最高だった」と、懐かしそうに話していたそう。
渋谷の街は、パルコは、BECKにとっても思い出のある場所だったのだ。
なくなっちゃう前に、思い出の看板を見られてよかったね、BECK。

渋谷がこれからどんなふうに変わっていくのかわからないし、
ノスタルジーに浸ってばかりもいられないけど、
かつての渋谷が、ある強烈な魅力を持った街だっ たことは間違いなく、そこからたくさんのカルチャーが生まれてきたのは素晴らしい事実で、の影響はきっと脈々と続いていくものだとも思う。
そして、それを上回る新しい「何か」が、また渋谷から生まれてきたらすごく面白いと思うし、やっぱりずっと、そういう街であってほしい。どうしても、そう思ってしまう。

2016年7月31日

SHE TALKS SILENCE
山口美波

†††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††

S.T.S.

2016年8月1日月曜日

Next Show



2016.08.24
@ FORESTLIMIT 
start: 7PM
charge:1,500yen+1drink

LIVE :
In Corridors
Akiko Kiyama
She Talks Silence
Carre

DJ :
山田圭
沖真秀

S.T.S.

2016年3月28日月曜日

Ton Balance 20160319 at KATA


photo by TAKEI GOODMAN


photo by MAKOTO OONO






photo by OUR FRIENDS








=set list=
More Anti-Yourself
Hear The Way, She Talks
Long Ways
Again & Again
Complex Elegant
School
No Title (piano inst.)
Vanished Vacances (thanks, cornelius!)
Sound Of Silence (simon & garfunkel cover)


すごく良い時間だった。
関わってくれた皆さん、遊びに来てくれた皆さん、ありがとうございました。

S.T.S.


2016年2月22日月曜日

Ton Balance




時:2016年3月19日(土) 午後6時30分
場所:KATA [LIQUIDROOM 2F]
観覧料:2,000円(飲物付)

LIVE:
She Talks Silence
Dorian
Carre

DJ:
Strawberry Sex

※音楽をいかなるバランス感覚で捉え、接し、あなたに組み込むのかを考える日にする。

チケットは当日券のみとなります。

-info-
KATA
Dorian
Carre
Hug inc.


S.T.S.

New Videos





S.T.S.

2015年3月3日火曜日

お知らせ

SHE TALKS SILENCEは、再び私のソロ・プロジェクトへ戻すことになりました。

1年ほど前から考えてきたことなのですが、ここしばらくの自分の作るデモや、音楽活動に対するイメージが、2人組の体制に当てはまらなくなっており、もっと自然な意欲に忠実になって表現をしていきたいなと思い、今回の結論に至りました。

メンバーのアミちゃんとは昨年から少しずつ話してきたのですが、先日、あらためてお互いの考えを示し合って、今、2人にとって自然なタイミングで答えを導けたと思います。
これまで一緒に活動するなかで、様々な体験をシェアしてきてくれたこと、感謝しています。

これからまた改めて、作品づくり、ライヴ (新しいステージ作りをいろいろと思案中…) 、頑張っていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

2015.3.3
SHE TALKS SILENCE
山口美波

ーーーーーーーーーーーー

I want to let you know SHE TALKS SILENCE will be back to my solo project.
I would like to thank Ami for her great contributions.
 
Since over year ago, I was thinking that I want to express my music more naturally, more honestly for what I want to do.
After deep consideration I could not imagine playing in current style any longer.
We were talking on this for a long time and shared each other’s thoughts, then we could reach to this conclusion.
 
I'm just trying to make new songs, restructure my performance right now…I hope you guys will be looking forward to new STS!
 
Again, thank a lot Ami for spending wonderful time with me at STS and wish her and her family the best luck in their new adventure.
 
See you very soon,
Minami
 
 

2014年10月11日土曜日

“Initial S”



10/13、京都でイベントをやります。
私が京都でライヴをやりたいと言ったら、Twee Grrrls Clubのボスであり、京都のセレクトショップ Violet And Claireの店主であるスミレちゃんが実現を手助けしてくれました。

私とスミレちゃんが初めて会ったのは、たぶんもう、7〜8年くらい前。
花園神社の側のクラブ WIREで、共通の知り合いだったJET SETの店員さんに、「きっと気が合うよ」と言ってお互いを紹介されたのが最初だった。
そのとき私たちは若くて、Twee Grrrls Clubでも、Violet And Claireのオーナーでも、SHE TALKS SILENCEでもなかった。レコードが好きな、ただの女の子2人。
そこで私たちは、好きな音楽について語り合った。THE NEWCOLOURSや、WAKEのレコードについて話が出来る女の子に、私は初めて会った。それがとても嬉しくて、興奮したのを覚えている。そして彼女もまた、同じように思ってくれていた。私たちは友達になった。

そこから1〜2年ほど経って、私は音楽を作り始めた。作った曲を、少しずつMySpace(懐かしい…!)にアップしていた。スミレちゃんにもそのことを知らせたかったけど、その頃は2人とも仕事が忙しく、長い間会っていなくて、連絡するタイミングをずっと掴めないでいた。
でもある日、私たちはレコード屋でバッタリ会った。原宿のBIG LOVE (その頃はまだ、ESCALATORだったのかな)。そこで近況を報告しあった。
そのときの私たちは、それぞれが、SHE TALKS SILENCEになりつつあり、Violet And Claireの店主になりつつあるところだった。私たちは、お互いの変化を喜んだ。
数日後、彼女からメールが届いた。

「MySpaceで音源聴いたよ!すっごく好き!今度イベントを企画するんだけど、ライヴをやってくれないかな!?」

私はとにかく驚いた。
自分の曲を気に入ってくれたことの嬉しさももちろんあったけど、音楽を作り始めて数ヶ月の自分にいきなりライヴをやれと言ってくるスミレちゃんに、ただただ唖然とした。
そしてそれを彼女にも伝えた。

「ライヴなんて無理だよ!ギターも買ったばっかりなのに!」

でも彼女はまったく動じなかった。

「だからいいんじゃん!今の美波ちゃんがやるってことが重要なんだよ!」

たしかにそうかもしれないと思った。
私たちが好きなインディ・ミュージックの根本って、そういうことだよなと気付かされた。私はやることにした。

私の生まれて初めてのライヴは、ひどい緊張と、たくさんのあたたかい眼差しに包まれていた。あのときの空気感は、今でも鮮明に覚えている。最前列から聴こえた、スミレちゃんの「美波ちゃんがんばってー!」という声も。

(その日の写真)


それからもスミレちゃんは、私の音楽の良き理解者として、たくさんの素晴らしい機会を提供してくれた。SHE TALKS SILENCEの存在を、然るべき人たちのもとへ発信する手助けをしてくれた。そしてそれを、楽しんでくれていた。

初めて会ったあの日から、ずいぶんと時間が流れて、私たちももう、いい大人になった。
ハタチそこそこだったあのときの私たちに、今の姿は想像できていなかった。
ただ夢中で好きなものを追いかけて、自らキャッチしてきた。そして今、それぞれ素晴らしい仲間に恵まれて、あの頃よりも格段に充実した日々を過ごしている。その分、責任も当然増しているし、やるべきことや役割も変化してきている。

でも私たちは相変わらず今日もインディ・ミュージックに取り憑かれていて、缶バッジの付いたワンピースを着て、ペラペラのトートバッグをぶら下げて歩いているのであった。


10/13、京都NANO、遊びにきてください…!

S.T.S.